米労働省が発表した9月の雇用統計によると、失業率は5.9%、6年2ヶ月ぶりの5%台にまで改善された。だが、この数字は決して、米国経済の回復を反映したものではない。しかし、失業率が下がった背景にある現実は報道されていない。実際には景気は回復していないのである。 事前の失業率の予測は16%となり、さらなる景気悪化を警戒しnyダウは下落したものの一転して反発。 アメリカの経済白書・・・ではなく、昨今の雇用者数をグラフにしたものの映像。 雇用者数に限らず、株や為替の相場でもこのような圧倒的な動きになるときがありますが、今回のコロナ騒動でアメリカの雇用者数は本当にヤバいです。 こちらは1929年から2020年、長期の失業率グラフです。 nyダウの値動きはまるでジェットコースター. アメリカ 失業率 長期推移. ざっくりで計算すると既にアメリカの失業率はコロナで17%を超えているという事だ。 今週の失業保険申請が500万近くあれば失業率は20%を超えて5人に1人が失業と世界恐慌時の近似値に迫る。 株価が維持できているのがどう考えてもおかしい。

まずは,失業率と自殺率の長期推移をグラフを見ていただきましょう。失業率とは,15歳以上の労働力人口に占める,完全失業者の割合です。労働力人口は働く意思のある者のことで,学生や主婦などは含 …

ながらくエコノミスト稼業を続けてきて、「こんな奇妙な形のグラフは見たことがない!」ということが連続している。 たった3週間でアメリカの「働く人の約10%」が失業した 特に驚いたのが、アメリカ … コロナウイルスの広がりは世界中でさらに加速しています。世界中の株式市場に大きな影響を与えているコロナウイルスについて、現時点での米国での対策をまとめ、今回の危機が米国社会に何をもたらすか、について書い 北米では失業率が最低水準の4.1%と予想されていますが、雇用成長や経済活動は2020年から下降が予測されています。 ただ速報値ではありますが、アメリカの2019年12月の失業率は北米地域の予測を上回り、3.5%とさらに低い水準にあることも分かっています。 アメリカの失業率のグラフ アメリカ労働省が5月8日に発表した2020年4月の失業率は14.7%。 新型コロナウイルスの影響で失業者が急増し、失業率は戦後最悪の水準となった。