ダウンジャケットの簡単再利用・アレンジのクッション編3つめは、ダウンジャケットの羽毛をクッションの生地に詰め替えるという方法です。少し大変な作業にはなりますが、自分の好きなデザインのクッションカバーを使うことができます。 ダウンジャケットを洗う前に心得てほしいことが2つあります。1つめは内部の羽毛が固まってしまう可能性があるということです。 ダウンジャケットは洗濯すると、内部の羽毛が絡まってしまい塊になりや … 冬のおしゃれに大活躍するダウンジャケットですが、羽毛の飛び出しが気になることがありますよね?ダウンジャケットの羽毛は飛び出してくるもの…と諦めてしまっている方も多いのでは?そこで今回は、ダウンジャケットの羽毛はなぜ出てくるのか、対策には防水スプレーがおすすめ! ダウンジャケットの質問です。数年前から愛用しているフェニックスのダウンジャケットがあるのですが、やはり中身がへたってきて薄くなってきまいた。この場合、再生の方法はあるのでしょうか?中身を入れ替えるのが良いのかと思いますが えーっと今回、羽根モノを入れ替えました。コレです。 え"~っ!もうシュラフ入れ替えたのー?? いえいえ違います。ナンガとは言ってもダウンジャケットです。 これは今まで10年ほど使い倒したmammutのブロードピークですが、腕のあたりのダウンは殆ど抜け落ちており、全体的にもダウン … 高級ダウンジャケットの修理、サイズダウン、ファスナー交換、羽毛調整、他対応いたします。 【お知らせ】 沢山のご依頼を頂戴しております事、心より感謝申し上げます。 当店は1点毎の完全オートクチュール対応の為、冬のアウター依頼殺到時期には通常時期より完成迄(1か月半~2 ダウンジャケットは羽毛の脂を溶かしてしまわないように、30よりも高い数字は書かれていません。ぬるま湯に中性洗剤を入れ、ダウンジャケットを入れる前に洗剤を溶かしておくことで、ダウンジャケットが洗いやすくなります。 冬に活躍したダウンジャケット。素材によっては、クリーニングに出さずに自宅で簡単に洗えるものもあります。花王『くらしの研究』では、おしゃれ着用洗剤を使ってキレイに手洗いする方法と失敗せずにふんわり仕上げるちょっとしたコツを紹介します。 ダウンが取れる水鳥の種類や、産地によっても特徴が異なるため、使われるダウンによってダウンジャケットの機能性や保温性にも違いが出てくることになります。 ここではそんなダウンジャケットに使われる羽毛(ダウン)の種類やその違いについて解説していきます。 ダウンジャケット修理は作業中の羽毛飛散対応が大変なため、お直しを承る業者さんが数少ないのです。当社技術にて可能な限りの対応をいたします。肩幅・身頃幅・袖丈・着丈等のサイズ直し、ファスナー交換、羽毛の増量・減量、べストへのリメイク、何でもご相談下さい。

冬のおしゃれに大活躍するダウンジャケットですが、羽毛の飛び出しが気になることがありますよね?ダウンジャケットの羽毛は飛び出してくるもの…と諦めてしまっている方も多いのでは?そこで今回は、ダウンジャケットの羽毛はなぜ出てくるのか、対策には防水スプレーがおすすめ! ダウンジャケットが自宅で洗えるってご存じでした? 洗濯王子こと中村祐一さんに、正しい洗濯方法を伺いました。きれいになるのはもちろん、ふっくら感もアップ!