今年6月にメニエール病と診断がくだり、 めまいが出始めると、イソバイドシロップという内服薬 (液体のものすっごくまずい薬) を処方されていました … メニエール病は30代から50代の女性に多いというデータもありますが、男性で症状に悩まされているケースも多く見られます。 30代から50代の働き盛りの男性に多く見られる原因は、ストレスや疲労と大きな関係があるとされています。 読者様はどんな薬にも副作用があることを知っていますか?以前、母がメニエール病になり、飲んでいた薬の安全性が気になっていろいろ調べてみると、メニエール病の治療薬にも副作用があることが分かりました。読者様も気になることがあれば症状チェックしてみてください。

メニエール病の治療薬、イソバイドシロップの効果. メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療で使われる薬の種類と効果 » トラベルミン トラベルミン メニエール病や動揺病などに伴うめまいや嘔吐などを改善する「トラベルミン」について、その効果・効能や副作用などをご紹介。 まずい薬イソソルビドとは. メニエール病と診断され、内リンパのむくみ(たまった水)を取り除き「イソバイド」というとてもまずい薬と、めまいを抑制する「アドホス」という薬を服用し、1週間が経ちました。 自覚症状としては、めまいは多少収まってきたように感じています。 薬を飲みにくいと感じることはワガママでもなんでもありません、そういう薬なのだから仕方ないのです。遠慮せず相談して欲しいと思います。 ~注意事項~ 用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。 利尿剤やメニエール病改善剤として使われる薬。めまいで耳鼻科を受診した際に出されました。薬の味はまずいものですが、それにしても筆者の個人的感覚としては日本一まずいのでは?と思うくらいまずいです。