世界では、米と小麦のどちらが多く生産(せいさん)されていますか。 2015~2017年の米と小麦の生産量(せいさんりょう)の平均値(へいきんち)では、米が4億8600万トン、小麦が7億5200万トンで、小麦のほうが多く生産されています。 世界のひとりあたりの一日のおコメ消費量 」という内容で、日本は50位という結果でした。 日本にはおいしいお米がたくさんあるので、少しずつでもみなさんに知っていただいて、この順位が上がっていくようお米にたずさわる者としてがんばります! 小麦 コメ(精米) 図表1 世界の主要穀物消費量の推移 出所:usdaのデータに基づき三井物産戦略研究所作成 1985 1990 1995 2000 2005 2010 2015 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 1.8 2.0 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 1.8 2.0 (年) 小麦 トウモロコシ 大豆 図表2 主要農産物の実質価格指数の推移 注:各年末の実質値を、 … 世界のとうもろこしの生産量、消費量、在庫量、輸出量、輸入量について、米農務省(USDA)発表の最新資料をもとに表とグラフにまとめました。地理の学習等にお役立てください。(※各数値は未確定のものが含まれていますのでご注意ください。 表 1 世界 各国 におけるコメ、コムギ、コーンの 一人 当 ア たり 消費量 とその 変化 (1988 年 と1998 年 年間 ネンカン を 比較) (kg) コメ コムギ コーン 1988 年: 1998 年: 増減: 1988 年: 1998 年: 増減: 1988 年: 1998 年: 増減: アイルランド: 1.7 : 2.8 : 1.1 : 208.5 : 278.4 : 69.9 パン消費量世界第3位は、バゲットやエピなどが有名な国、フランス。1人あたりの年間消費量は58kgです。 フランスのパンは、基本的に砂糖や卵、乳製品、油類を使用せず、小麦粉、塩、水、イーストのみで作られます。日本でもおなじみですよね。 総務省統計局、統計研究研修所の共同運営によるサイトです。国勢の基本に関する統計の企画・作成・提供、国及び地方公共団体の統計職員に専門的な研修を行っています。 米(と小麦と肉と魚の)のひとりあたりの年間消費量の推移 「米穀安定供給確保支援機構」によれば、2015年度(2015年4月~2016年3月)の国民ひとりあたりの月間コメ消費量は、4,386グラムで、14年度と比べて3.7%少なくなったそうです。 世界の小麦の生産量、消費量、在庫量、輸出量、輸入量について、米農務省(USDA)発表の最新資料をもとに表とグラフにまとめました。地理の学習等にお役立てください。(※各数値は未確定のものが含まれていますのでご注意ください。 世界最大の小麦生産国は中国で約132,000千トンです。2位はインドで約102,190千トン、3位はロシア連邦で約72,500千トンです。小麦の消費量と同じ順位です。日本は約768千トンです。 世界で一番お米を食べる国はバングラディッシュ。日本の米消費量は1963年の1341万トンをピークに急降下。食生活の欧米化が進み、食卓に「和食」が減ったことが原因かも。 日本は世界と比較してどれほどお米が食べられているのでしょうか?国際連合食糧農業機関(fao)の発表によると、1人当たり1日のお米の消費量では日本はトップ10に入っていません。 世界の1人当たり1日のお米の消費量ランキング、日本と世界のお米事情も少し解説してきます。 年間生産量は6億5000万トンを超える(籾。 以下いずれも農林水産省『海外統計情報』より、「faostat」の2007年統計 )。 米は小麦(年間生産量6億599万トン)、トウモロコシ(年間生産量約7億9179万トン)とともに世界の三大穀物といわれる。 1980年代の生産量は4億5000万トン前後であったた … インド … 世界三大穀物とは、世界で栽培される穀物の中で、特に生産量の多い米、小麦、トウモロコシのことです。 米. 米の消費量が多いため、インドネシアでは政府がコメの生産と価格の維持に大きく関与しています。 米とは別に、バナナ・ピーナッツ・コーヒーなど製品をインドネシアでは生産しています。 2. 世界パン消費量で、日本が10位なことに驚き!またパンをよく食べるトルコでは、パン以外ないのかと思いきや、世界三大料理の一つに数えられるくらいグルメな料理の国らしいです。 2000/01年度以降の世界の穀物の生産量、消費量、期末在庫率の推移に関するグラフです。 (更新:令和2年5月13日) グラフ(pdf : 104kb) データ(excel : 120kb) 穀物等の国際価格の動向. 米は世界の総生産量のうち約9割をアジアの国々が占め、そのほとんどをアジアの人々が消費し … 米は世界の総生産量のうち約9割をアジアの国々が占め、そのほとんどをアジアの人々が消費し … 世界三大穀物とは、世界で栽培される穀物の中で、特に生産量の多い米、小麦、トウモロコシのことです。 米. 2000年以降の世界の小麦、とうもろこし、大豆及び米の国際価格のグラフです。