MacBook Air 13インチ(2015年)を購入しました。レビューしてみます。最新のMacBook Airについてはこちらでまとめています。MacBook Air13インチの2020年モデルも256GBで10万円ちょっとで購入で … 【更新:2017年8月19日】 Appleは2017年6月6日、ノート型パソコンMacBook Air をアップデートしました。価格はそのままでCPU速度が向上しました。ストレージに512GBを選ぶことも出来るようになりました。 MacBook AirはAppleの優れたOS「macOS Sierra」を搭載しており、iPhoneやiPadとも親和性バツグンです。 Macbook air 11インチ、13インチ、両方使って比較してみた。ディスプレイ・サイズ・重量・SDカードスロット・キーボード&トラックパッド比較。使いやすいのはどっち? MacBook Airと同じくHaswellを搭載し、バッテリー駆動時間は約11時間を誇ります。MacBook Airは9時間なのでそれを上回ってますね。まぁそんな長い時間充電もできない環境にいるこたぁないと思いますが。 また、なんつっても重量870g。
MacBook Air(2020)の先行レビューが国内外で解禁された。最新モデルは、最大で4コアのCPU、16GBのRAM、2TBのSSDを搭載することができ、従来機よりも性能が大幅に向上した。新しいシザー式キーボード「Magic Keyboard」も搭載。コストパフォーマンスが非常に高い。 MacBook Airは長くモデルチェンジしてませんでしたが、2018年11月にRetinaディスプレイを搭載してMacBook 12インチと同じデザインを採用して登場しました。 まさか、MacBook Airが復権するとは…! ここでは、 MacBook Air(2019/2018)とデザイン・性能・使いやすさをレビュー しています。 前回の記事で新MacBook Air(Mid 2013)とMid 2012の外観を比較し、デュアルマイク以外違いがないことをお伝えしました。 では、パフォーマンス面ではどうでしょうか? アナウンスされている内容では、 … Macbook Air 2013 Earlyを長らく使っていましたが、ついに新しいMacノートを買いました。Macbook Air 13inch 2018です。ついでにWindows10をインストールしてみましたので、BootCampを使ったWindows10のインストール方法やメリットデメリット、課題解決方法などをご MacBook Air 2019/2018 の実機レビュー。圧倒的なブランド力、美しいデザインが特徴。Amber Lake-Yのベンチマークや、負荷をかけたときの温度などを計測し、WindowsモバイルノートPCと比較。 MacBook Air(2020)特徴・レビュー MacBook Air(2020) MacBook Air(2020)は第10世代Core i3/i5/i7プロセッサを搭載し、ストレージ容量が128GB → 256GBに増えたのに端末価格が安くなり 「安くて使いやすい」というMacBook Air本来の魅力が復活 した端末となっています。
まずMacbook Air 11インチですが、もし購入するなら2013年以降のモデルにすることは決めていました。 というのも2013年から新しく採用されたバッテリーのおかげで駆動時間が今までに比べて 30%ほど伸びている んですね。 Macbook Air 2013 Earlyを長らく使っていましたが、ついに新しいMacノートを買いました。Macbook Air 13inch 2018です。ついでにWindows10をインストールしてみましたので、BootCampを使ったWindows10のインストール方法やメリットデメリット、課題解決方法などをご Apple MacBook Air 1300/11.6 MD711J/Aを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・処理速度・グラフィック性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 MacBook Air 11インチ(Mid 2013)を入手しました。データ移行等はせず新しい環境設定を構築しようと思います。クラウドや外付けHDDを利用していこうかなと。ほかのMacやPCとのデータ運用がどれほど便利になるかやってみようと思っています。