Windows 10ではリモートデスクトップ機能は、Homeエディションのパソコンからは相手のパソコンに接続する機能しか用意されていません。 このためリモートデスクトップを使って、Windows 10 Homeエディションのパソコンを遠隔地から調査してもらうことは出来なくなっています。 複数人で同じ画面を見ながら説明したいのですが、二つの方式で実現することにしました。 1.Windowsリモートアシスタンス リモートデスクトップは接続すると接続先画面が真っ暗になるが、リモートアシスタンスでは同じ画面の共有が可能。 Windows7まではリモートデスクトップ接続でマルチディスプレイ表示しても、同じ解像度のディスプレイで1枚の画面を伸ばした表示しかできませんでした。しかし、Windows10では直接PCにディスプレイ2台を接続したときと同じようなマルチディスプレイ表示(画面の拡張)が出来るようになっています。 ★リモートアシスタントでリモート接続される側の操作. 夫のリモートワークの状況を記載しておきます。 リモートデスクトップの接続先・接続元ともにWindows10 Pro; 自宅から会社への接続はVPN接続 Windows10に標準搭載されている動画録画(画面キャプチャ)機能を使ってみました。 知らない人もいるかな?と思って書いたのですが、基本的にはゲームを録画する為についている機能になります。ただゲームに限らず簡単にデスクトップ画面を録画できますので覚えておいて損はないと思います。 リモートデスクトップは、 Windows 10 に標準搭載されている機能です。 大きな特徴の 1 つは、離れた場所にあるコンピューターの遠隔操作ができる点です。 コンピューター同士をネットワークで接続してリモートデスクトップの設定を行います。 スタートメニュー → 設定 → システム → ディスプレイ → 複数のディスプレイ → 表示画面を拡張する. 10、接続を許可するかどうか表示されるので、はいを選択。 ★リモートアシスタントでリモート接続する側の操作.

リモートデスクトップ(RDP)画面が1画面しか利用しておらず、 「なぜ?マルチディスプレイならない!」と思っている方、接続設定を設定するだけで、 接続先のWindowsをマルチディスプレイのPCとして使用することができます。 以下に手順を記します。 Windows10 をリモートデスクトップを有効(オン)にする方法を紹介します。 リモートデスクトップのホストとして設定できる Windows10 は次のエディションで使用することができます。 Windows 10 Pro Windows 10 Enterprise Windows 10 Education Windowsのリモートデスクトップ接続はかなり重宝します。個人でも企業でも他のパソコンを遠隔操作したい時に、手軽にアクセスできるので便利ですよね。私は仮想マシンをそこそこ作っているので、ホストOSからゲストOSをたくさん開いて使っています。 Windowsのリモートデスクトップをより便利に使う3つの方法 2020年5月21日; Basp21等のActive XをWindows10 64bit環境で使える様にする方法 2020年5月2日; Windows10でお手軽にファイルリストを作成する方法 2020年4月2日; 新サクラ大戦 まとめ 2020年3月12日 皆さんは、Windows10のリモートデスクトップ接続でデュアルディスプレイ(マルチディスプレイ)表示できるって知っていただろうか?リモートPCを手元のデュアルディスプレイ環境で利用できるとか便利すぎるだろ!というわけで今回は、やり方を詳しく解説してみたい。 リモートデスクトップ接続する マルチディスプレイでリモートデスクトップする方法 † 接続元となるWindows PCがマルチディスプレイ(複数ディスプレイ)なのに、 リモートデスクトップ(RDP)画面が1画面しか利用しておらず、 「なぜ?マルチディスプレイならない! 事象:リモートデスクトップが切断ではなく固まる(フリーズ) 使用環境. Windows10からは可能。 クライアント側の準備. 最近外部ディスプレイなどを使って複数の画面を使って、パソコン使った作業をする人が普通になってきました。でも、リモートワークとかでリモートデスクトップを利用する時、リモートデスクトップの画面をメインマシンと外部ディスプレイの両方を使って、それ

11、以上で画面表示&操作リモートが可能となる。。 戻る Windowsのリモートデスクトップで複数モニタ使いたいです。 答え. 画面共有で説明.